Top
ホーム » 施工例 » 甲府市  Y様

甲府市  Y様


Planner’s EYE

新築後、手つかずのお庭を何とかしたいとHPにて当社を探していただきご来店頂きました。広い駐車場に面したお庭なので、目隠しでプライバシーを確保したい、殺風景なお庭を見栄えのするお庭に変えたいというご要望でした。プランを提出し変更を繰り返しながらお客様のご希望にマッチしたプランが完成しました。「見せる庭」がコンセプトですので飽きのこない複雑さと、癒されるような緑が映えるデザインである事。さらにリビングからの位置やボリューム感も大切に設計しました。最終的な決め手はお客様のご要望が大きい部分がありそのイメージを壊さないようにアイガーデン流に変換して計画をたてました。





20200119_1507_18_0629w141_h106
施工前1
20200119_1507_25_0936w141_h106
施工前2
20200119_1507_41_0284w141_h106
施工前3



1工事中 
工事序盤のデザイン壁の型枠作成風景です。まん丸の穴を空けるため配筋も円形に配置します。角のある窓よりも円のほうが力が分散され割れがないとか・・。なるほど力学です・・。ブロック壁という工法もありますが、強度も考慮すると今回の工事はコンクリート壁が最適だと思われます。



2工事中◆
コンクリート打設後のデザイン壁です。まん丸で綺麗に仕上がっています。確かにひびも、割れもありません。この後、吹付のために下地処理を行い塗料を吹き付けます。塗料はSK化研の「ベルアート」という商品を使用します。ベルアートは弾性アクリル系樹脂というものが成分で下地の変化(ヒビや割れ)が表面に出にくいという特徴があります。おもに建築の外壁やなどに使われる塗料です。



3。
これは、平板を載せる台です。平板が階段状におりてくるように据えたいので、あらかじめ完成形を予測しながら位置を決めながらの枠組みです。精度が必要です。図面のとおり細かい作業を丁寧にやってくれます。まん丸穴とのバランスを考えて高さを決めて平板同士の重なりや水勾配まで考慮に入れます。



4工事中 
先程の台に平板が乗っかるとこんな感じになります。ちなみに平板は、東洋工業のダルストーンペイブです。1枚48圓△蠅泙后G擦すとサビ模様が特徴ですが、もっと濃い色を想像していたんですが・・・少し薄いかな。これから経年変化で味が出て来るので問題ないです。バランスも良い感じですね。



5 
丸の中から覗く石貼り壁を施工中。見える範囲は正面の穴の中60僂曚匹任后N¬未六牾僂砲覆蠍えませんが、見えない部分もコツコツ丁寧に貼っていきます。ランベージラストというサビ色の小端積風貼石です。自然石の板を貼るだけで小端積風に仕上げる事ができるという優れた材料です。本当の小端積をするにはすごく大変でコストもかかります。こうした容易に雰囲気を出せる商品は、手軽で良いものをお客様に提供できるという面でとても重宝しています。見た目もかなり本格的です。



6完成3 
まん丸穴はこんな感じに仕上がります。夜は下からライトアップできるようになっています。黒い壁に少しだけ見える自然石がとても良い感じです。全体を石貼りで仕上げるのも良いですが、少し見えるというほうが素材感が増して雰囲気がアップします。ほかの素材と組み合わせる事によって高級感も出てきます。面積は小さいのに良いなんて不思議です。対比のなせる技です。



7 
造園工です。景石・棒石・高木(モミジ・アオダモ)を配置します。自然石は年数を重ねた風合いが1つ1つ違います。石の向きや設置の高さによって見せ方が異なります。人工物では出せない味があり最高にかっこいいです。ちなみにこの棒石は当社の石置き場に何年あったんだろう・・というくらい長い間寝ていたものです。工事にあたり材料探しに石置き場を訪れたところ積み重なった石の下のほうにひっそりありました。お宝発見です。寝ていた年数分石に深みがまします。



6土入
6

土入れを行いました。自然の野山を想像しながら、山から土が流れ落ちるように土を持っていきます。ボリューム感を出すため名一杯高く、どんどん土を盛ります。手作業なので結構疲れます。へとへとです。
植木も水決めを行いながら向きや立ち姿勢を決定します。



7 
下草を植えてグランドカバーで整えて、仕上げに割栗石をゴロゴロ置いていきます。最後に防草シートを敷き込み錆砂利で整えて造作部分は完成です。植えたて、造りたてなのでまだなじんでいませんが、春になって緑も増えてくる頃にはなじんでよい感じになってきます。



8 
H1800の目隠しフェンス。リクシルの2段柱フェンスです。フェンスは目隠しや格子、横板などの種類から選べます。今回はプレスタ5型という完全目隠しタイプを選びました。白いフェンスに黒壁が映えます。



完成2
完成3

完成したのが12月27日です。年末ギリギリの完成で施主様にとってはバタバタとご迷惑をかけてしまいました。年明けの完成検査では大変喜んでいただき奥様には「気に入っています。」と言っていただけました。そう言っていただけるのが一番嬉しいです。とても良い作品に仕上がりました。


ホーム » 施工例 » 甲府市  Y様