Top
ホーム » 施工例 » Planner Sakai » 高低差を利用した自然風外構  韮崎市 H様

高低差を利用した自然風外構  韮崎市 H様


Planner’s EYE

某ハウスメーカー営業さんよりご紹介頂きお会いすることになったH様。最近注目を集めている平屋の和風住宅。白木風の柱や瓦の屋根などぬくもりが感じられる素敵な住宅でした。ご要望としては駐車スペース・高低差を考慮したお庭・夏は庭で子供がプールができるように・目線を自然に遮りたい・・・とこんな感じだったと思います。初めてH様宅を見た時に感じた和風の素敵な雰囲気を壊すことのないように自然風なお庭を提案させていただきました。

駐車スペースは5台止められるように敷地の西側に配置し東側は家庭菜園スペース、敷地正面に主庭とエントランスがきますので、家の中やお庭からの目線を考慮して、構造物の背を高くしました。さらに構造物よりも背の高い雑木達を配置することにより圧迫感や重さを和らげました。敷地の高低差は自然法面(傾斜)にて解消し土留め役の景石や貼石により崩壊しないように仕上げました。








1工事中 
先ずは掘削作業とブロック積み等の基礎工事からスタートです。土地全体の高さを整え構造物の配置、高さ等のバランスを確認しながらの作業です。



2工事中◆
構造物がほぼ仕上がると、植栽等の仕上げ用の造成に入ります。植栽の位置や起伏の有無を考えながら土で造成をしていきます。



3。
造成完了です。敷地に高低差があるので、基礎や土留めによる高低差の解消ではなく、自然の起伏にて高低差を解消しました。こうすることで、法面(傾斜部)ができますが、法面にもデザインを入れていきます。



4工事中 
お庭側はほぼ平らに仕上げ法面との境界は目隠しも兼ねた植栽をしていきます。樹々と構造物を重ねる事により、構造物の重さを和らげまた奥行も作ってくれます。



5 
自然石を組んでいきます。土止めも兼ねていますので、傾斜の強い部分は石で止めます。



6完成3 
鉄平石と芝生のアプローチ。硬い床のアプローチには無い質感と柔らかさがあり、経年変化も楽しめます。



7 
座れる大きな石がほしい・・という要望に応えるべく探しました。座れて絵になる大石。形も向きもベストに仕上がりました。




完成4
植栽と芝を張って完成です。

ホーム » 施工例 » Planner Sakai » 高低差を利用した自然風外構  韮崎市 H様