Top
ホーム » 施工例 » Planner Yamamura » 浮き立つ階段と足 甲斐市

浮き立つ階段と足 甲斐市

甲斐市でご新築のK様邸外構造園工事 
K様はご新築前にお庭の形を決めておきたいとご来店いただきました。
現地では道路面の高さの関係で駐車場と玄関部との間に段差ができてしまう状況でした。
お打合せの中、K様からご要望でフローティングステップ(浮き階段)を取り入れて欲しいとありました。
門柱は壁ではなく三協アルミのセレージュを採用いたしました、ポストが大きく露出せずスマートな佇まいの門柱です。
壁にしなかった理由としては駐車スペースの確保、既存にある袖壁と対比すると印象で負けてしまとう思ったからです。
また機能門柱回りは植栽をコンパクトにまとめすっきりとした印象になるようにいたしました。

フローティングステップ(浮き階段)回りにイロハモミジとマルバノキを植え込み、高さ・幅等の空間を意識し、根本回りにはアイガーデンで愛用の割栗石を用いました。
装飾と同時に高さを維持する土留めの意味合いも兼ねています。
ステップの大きさも歩きやすくという意味も大きいですが、こちらもステップでの土留めを兼ねておりますので、あえて大きな土留めを設置する必要がなくコンパクトにまとまります。

プランニングの際には軒先が大きく、広いお家がさらに大きく見えると感じ、お家が際立つようにスッキリとした印象になるようにプランニングをしました。


ウッドデッキはK様のご要望で天然木で作成をいたしました。
今回、ウッドデッキに使った木材はイタウバという種類の海外の木材となります。
設置直後は木材の色合いが強くでていますが、色が抜けるとシルバーグレー系の色へと変化し渋みがまします。
色を塗ってお好みのカラーにする事もできます。
アプローチにはポイントとしてスレート系の石、ゲルマンゴールドを敷設しました。
黒の中にサビ色があり、カッコイイ仕上りの石です。
お施主様にも気に入っていただけました。
階段部にはイロハモミジ・/マルバノキ。
階段の側面を利用し、アンジュレーションをつけステップの高さ、植物の高さで空間を作りました。
枝はが伸びてくると雰囲気がもっと変わってくると思います。
フローティングステップ(浮き階段)。
階段の蹴上部分の一部を奥に引き込む事で、影が差し込み浮いているような状態にみえます。
雨の日のゲルマンゴールド。
マットな質感から光沢が生まれ、色艶が増します。
Before|After


小西顕太朗様4-1
ホーム » 施工例 » Planner Yamamura » 浮き立つ階段と足 甲斐市