アイガーデンとは

どこに依頼すればいいの?

相見積もりを取るお客さんに多い勘違いが、「どこのお店でも同じサービスが受けられる」というものです。
だから安いところでやったほうがいい、という考え方です。
A社、B社、C社、どこに依頼しても、図面が同じなら同じものが完成する、と思うわけです。
そう思われるのも無理はありません。どのお店も「~エクステリア」「~外構」「~造園」と謳っていますから、違いがあるなんて思いもしないのでしょう。
当然ですが、提案力・施工力には「エクステリア専門店」ごとにかなりの開きがあります。
デザイン性の高いプランとなると、そもそも図面通りに施工できない、図面をきちんと解読できない、ということもあり得ます。
工事の内容よりも施工性や施工スピードを優先させて取り組んでいるお店は、
「一番安いお店を探す」という観点では正解かもしれません。
打ち合わせや、工事中にトラブルがおきることはよく耳にします・・。
つまり、提案力や施工力が十分でないために価格で勝負せざるを得なくなっているわけです。
例えばお客様の選択基準のほぼ全てが「価格」になっているなら、逆にこういうお店がお勧めです。

『安い』の意味

「どこよりも安くします!」というお店は、裏を返せば「どこよりも安くしないと工事の依頼がないお店」とも言えます。
今の日本では『安い』というキーワードが絶対であり、より安くすることで成功している業種も存在しています。
しかし外構工事というのは、全てがお客様の為のオーダーメイド。
海外で安く作った物を現地にポンっと置くわけには いかないのです。
例えば施工スピードを上げることで安くする。そのために乾ききっていないコンクリートに手を入れるような工事では、半年以内にクラックが入ったり、破損が見られたりします。
そういうガーデン工事はアイガーデンはいたしません。
本当に完成度が高いガーデン工事とは、一つ一つのマテリアルを現地で組み合わせたり、
加工したり、職人さんの手によって時間をかけて丁寧に作り上げていくものです。

『安い』の意味を履き違えると、手抜き工事にしか至らない事を、業者もお客様も理解する事が大事です。
わけもわからず安い価格だから良いのではなく、
高いにも安いにもちゃんとした理由があることを説明できなければ なりません。
長く続いている会社には、 高くても納得できる理由があるのです。
アイガーデンでは誰もが手に入れられるメーカー製の商品等は他社様よりも安く仕入れるルートを開拓し、
安くできる努力を惜しみません。
しかし現場で職人さんが一つ一つ仕上げる工事に対しては、厳格に価格を崩しません。

一般的なハウスメーカーとの価格の違いについて・・・

ページ:
1

2

3 4
ページ上部へ戻る