ブログ

春の七草

600d042367fdd94378008cb1f326eb81_s

 

今日 1月7日は七草がゆを食べる日として有名な「人日(じんじつ)の節句」ですね!

今朝七草がゆを食べたという方もいらっしゃることと思います^^

お正月のご馳走で疲れた胃腸を養い、合わせて今年一年の家内安全、身体健全を願うとされる七草粥の風習ですが、七草それぞれには意味が込められています

セリ(芹)=「競り勝つ」

ナズナ(薺)=「撫でて汚れを除く」

ゴギョウ(御形)=「仏体」

ハコベラ(繁縷)=「反映がはびこる」

ホトケノザ(仏の座)=「仏の安座」 ※現在ではコオニタビラコを指します

スズナ(菘)=「神を呼ぶ鈴」 ※カブのこと

スズシロ(蘿蔔)=「汚れのない清白」 ※ダイコンのこと

illust-fuyu197-2

 

イマイチ春の七草を覚えられない…!という方は、

5・7・5・7・7で『セリ・ナズナ/ゴギョウ・ハコベラ/ホトケノザ/スズナ・スズシロ、これぞ七草』と短歌のリズムにすると思えやすいと思います!

最近ではスーパーでも「七草セット」が売られていたりしますので、食べたことがないという方は挑戦してみるのも面白いと思います^^*

 

 

 

プランナー 石川

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る